松本加奈恵


百人一首 第二十八首
「山里は 冬ぞ寂しさ まさりける 人めも草も かれぬとおもへば(源宗于朝臣)」
Yamazatowa Fuyuzosabishisa masarikeru Hitomemokusamo Karenutoomoeba

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

百人一首 第二十八首

仮名創作
「すみのぼる 月の光に さそはれて くものうへまで ゆく心かな(太政大臣)」
Suminoboru Tsukinohikarini Sasowarete Kumonouemade yukukokorokana

25.7✕18.2 (B5サイズ)

仮名創作

百人一首 第二十七首
「みかの原 わきて流るる いづみ川 いつ見きとてか 恋しかるらん(中納言兼輔)」
Mikanohara Wakitenagaruru Izumigawa Itsumikitoteka Koishikaruran

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

百人一首 第二十七首

百人一首 第二十六首
「小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今一度の みゆきまたなむ(貞信公)」
Ogurayama Minenomomijiba Kokoroaraba Imahitotabino Miyukimatanan

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

百人一首 第二十六首

百人一首 第二十五首
「なにしおはば 逢坂山の さねかづら 人にしられで 来るよしもがな(三条右大臣)」
Nanishiowaba Ousakayamano Sanekazura Hitonishirarede Kuruyoshimogana

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

百人一首 第二十五首

百人一首 第二十四首
「この旅は ぬさもとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに(菅家)」
Konotabiwa Nusamotoriaezu Tamukeyama Momizinonishiki Kaminomanimani

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

百人一首 第二十四首

百人一首 第二十三首
「月見れば ちぢに物こそ 悲しけれ む我が身ひとつの 秋にはあらねど(大江千里)」
Tsukimireba Chizinimonokoso Kanashikere Wagamihitotsuno Akiniwaaranedo

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

百人一首 第二十三首

至誠通天
Shiseitsuuten

24.2✕33.3cm(半紙サイズ)

至誠通天

百人一首 第二十二首
「吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を あらしといふらむ(文屋康秀)」
Fukukarani Akinokusakino Shiworureba Mubeyamakazewo Arashitoiuran

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

 第二十二首

百人一首 第二十一首
「今来むと いひしばかりに 長月の 有明の月を 待ち出でつるかな(素性法師)」
Imakonto Iishibakarini Nagatsukino Ariakenotsukiwo Machiidetsurukana

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

第二十一首

百人一首 第二十首
「わびぬれば 今はたおなじ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞおもふ(元良親王)」
Wabinureba Imahataonaji Naniwanaru Miwotsukushitemo Awantozo omou

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

百人一首 第二十首

百人一首 第十九首
「難波がた みじかき芦の ふしの間も あはでこの世を すぐしてよとや(伊勢)」
Naniwagata Mijikakiashino Fushinomamo Ahadekonoyowo Sugushiteyotoya

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

百人一首 第十九首

百人一首 第十八首
「住のえの 岸による波 よるさへや 夢のかよひじ 人目よくらむ(藤原敏行朝臣)」
Suminoeno Kishiniyorunami Yorusaeya Yumenokayoiji Hitomeyokuran

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

百人一首 第十八首

百人一首 第十七首
「ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 から紅に 水くくるとは(在原業平業平朝臣)」
Chihayaburu Kamiyomokikazu Tatsutagawa Karakurenaini Mizukukurutoha

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

百人一首 第十七首

百人一首 第十六首
「立ち別れ いなばの山の 峰におふる 松としきかば 今かへりこむ(中納言行平)」
Tachiwakare Inabanoyamano Mineniofuru Matsutoshikikaba Imakaerikomu

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

百人一首 第十六首

百人一首 第十五首
「きみがため 春の野に出でゝ 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつゝ(光孝天皇)」
Kimigatame Harunononiidete Wakanatsumu Wagakoromodeni Yukihafuritsutsu

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

百人一首 第十五首

百人一首 第十四首
「みちのくの しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし 我ならなくに(河原左大臣)」
Michinokuno Shinobumojizuri Tareyueni Midaresomenishi Warenaranakuni

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

第十四首

百人一首 第十三首
「筑波嶺の 峰よりおつる みなの川 恋ぞつもりて 渕となりぬる(陽成院)」
Tsukubaneno Mineyoriotsuru Minanogawa Koizotsumorite Fuchitonarinuru

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

第十三首

平穏無事
Heionbuji

24.2✕66.6cm(色紙サイズ)

平穏無事

百人一首 第十ニ首
「天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとゝめん(僧正遍昭)」
Amatsukaze Kumonokayohiji Hukitoziyo Otomenosugata Shibashitodomen

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

第十ニ首

百人一首 第十一首
「わたの原 八十嶋かけて 漕ぎ出でぬと 人にはつげよ 海女のつり舟(参議篁)」
Watanohara Yasoshimakakete Kogiidenuto Hitonihatsugeyo Amanotsuribune

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

これやこの ゆくも帰るも わかれては しるもしらぬも 逢坂の関

百人一首 第十首
「これやこの ゆくも帰るも わかれては しるもしらぬも 逢坂の関(蝉丸)」
Koreyakono Yukumokaerumo Wakareteha Shirumoshiranumo Ousakanoseki

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

これやこの ゆくも帰るも わかれては しるもしらぬも 逢坂の関

百人一首 第九首
「花の色は 移りにけりな いたづらに 我がみよにふる 眺めせしまに(小野小町) 」
Hananoiroha Utsurinikerina Itazurani Wagamiyonihuru Nagamesesimani

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

花の色は 移りにけりな いたづらに 我がみよにふる 眺めせしまに

百人一首 第八首
「わがいほは 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり(喜撰法師) 」
Wagaioha Miyakonotatsumi Shikazosumu Yowoujiyamato Hitohaihunari

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

わがいほは 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり

百人一首 第七首
「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に いでし月かも(阿倍仲麻呂) 」
Amanohara Furisakemireba Kasuganaru Mikasanoyamani Ideshitsukikamo

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に いでし月かも

百人一首 第六首
「かささぎの 渡せるはしに おく霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける(中納言家持) 」
Kasasagino Wataseruhashini Okushimono Shirokiwomireba Yozofukenikeru

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

かささぎの 渡せるはしに おく霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける

百人一首 第五首
「おく山に 紅葉ふみわけ 啼く鹿の こえきく時ぞ あきは悲しき(猿丸太夫) 」
Okuyamani Momijifumiwake Nakushikano Koekikutokizo Akihakanashiki

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

おく山に 紅葉ふみわけ 啼く鹿の こえきく時ぞ あきは悲しき(猿丸太夫)

百人一首 第四首
「田子の浦に うち出てて見れば 白たへの 富士の高嶺に ゆきはふりつつ」
Tagonourani Uchiidetemireba Shirotaeno Fujinotakaneni Yukihafuritsutsu

山部赤人

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

田子の浦に うち出てて見れば 白たへの 富士の高嶺に ゆきはふりつつ

「夢」
yume

33.4✕24.3cm(半紙サイズ)

夢

百人一首 第三首
「あしひきの 山とりのをの したり尾の ながながし夜を 一人かもねむ」
Harusugite Natsukinikerashi Shirotaeno Koromohosutyou Amanokaguyama

柿本人麻呂

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

あしひきの 山とりのをの したり尾の ながながし夜を 一人かもねむ

百人一首 第二首
「はるすきて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天のかく山」
Harusugite Natsukinikerashi Shirotaeno Koromohosutyou Amanokaguyama

持統天皇

27.2✕24.1cm(色紙サイズ)

はるすきて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天のかく山

百人一首
「秋の田の かりほの庵の とまをあらみ   我かころもては 露にぬれつつ」

天智天皇

秋の田の かりほの庵の とまをあらみ   我かころもては 露にぬれつつ

神明守護

しんめいしゅご

神明守護