湯浅映子


「秋の野に 咲きたる花を 指(および)おり かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」
「Akinononi sakitaru Hanawa oyobiori kakikazohureba Nanakusano Hana. 」

万葉集 山上憶良
Manyosyu Yamanoueno Okura
27x24.5 色紙

秋の野に 咲きたる花を  指(および)おり  かき数ふれば  七種(ななくさ)の花

「わが園の 李の花か庭に降る はたれのいまだ残りたるかも」

大伴家持
27x24.5 色紙

わが園の  李の花か庭に降る  はたれのいまだ残りたるかも

「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉をひらき 蘭ははい後の香を薫す」

万葉集 巻五
27x24.5 色紙

初春の令月にして

「冬きたりなば はる遠からじ』

英詞 シェリー作 西風によせる歌より
36x6 (短冊)

冬きたりなば  はる遠からじ